キャッシング前に調べておきたいこと:遅延損害金

お金の出費に対して、キャッシングのサービスは、とても便利なのですが、返済の計画をきちんと立ててからの利用でないと、期日までに返済ができなく遅延損害金が発生してしまい、借りたお金の返済にとても困ってしまう状況になってしまいます。
クレジットや消費者金融からの借入れやキャッシングは月に一度の返済日が設定されており、月の返済日が決まっている会社もあれば、月末までに返済することになっている会社もありますので、事前に調べておく必要があり、この返済日を一日でも遅れてしまうと遅延損害金が利息に加えられます。
この遅延損害金は利息の利息のような感じになっていますので、元金にも利息にも含まれず、別の支払い金として請求され、一日遅れてしまうと一日分の遅延損害金が発生します。この利息の利率設定は各会社によって変わってきますので、キャッシングの契約をするときに確認しておく事が大事です。
また遅延損害金は、滞納をしたときのペナルティーなので、通常の金利よりも高く設定されており、遅れれば遅れるほど金額の負担が大きくなってしまう仕組みになっており、この遅延損害金の請求とともに信用情報機関に事故履歴として登録されてしまいますので、次のキャッシングの利用や各種金融機関との取引自体が何年間も難しくなってしまう状態になってしまいますので、キャッシングを利用するときには、必ず返済ができる見込みがある状態で利用することが必要となります。