借りる前に調べておきたいキャッシングの返済方法:リボルビング返済

私たちが日常的にショッピングに利用しているクレジットカードには、実はキャッシング機能が付いております。カード作るときに、収入や過去の買い物の支払い状況などが審査されてショッピングの利用限度額が決定されるのですが、同時にキャッシングの利用限度額というのも決められております。ショッピングとは別枠の扱いですから、例えばキャッシングを限度額いっぱいに利用しても、ショッピングをすることは可能です。特に改めて申し込みは必要ありません。CD機にクレジットカードを入れ、暗証番号を入れれば現金が引き出せます。急に現金が必要になった時など、誰にもしられずに気軽に利用できるのです。返済方法はショッピングとは異なり、支払い回数は自分で決められず、あらかじめ設定されている金額が毎月口座引き落としになります。これをリボルビング返済といいます。例えばリボルビング返済の設定が月に1万円だとします。毎月請求書にキャッシングの返済分1万円として送られてきます。利用金額にかかわらず、これは変わりません。10万円借りても、20万円借りてもずっと1万円ずつ返済をするということになります。ただし一つ注意が必要なのは、この1万円には利息分も含まれているということです。10万円キャッシングをした場合、元本10万円プラス利息がありますから、返済は10回で終了にはならないのです。利息は返済が全て終了するまでの期間の日数で計算されますので、早く返済が可能であれば、カード会社に連絡して全額一度に支払いをすることも可能です。そうすると利息が少なく済みます。