借りる前に調べておきたいキャッシングの返済方法:残高スライド返済

銀行や消費者金融、信販会社が取り扱う使い道自由のキャッシングやカードローンの多くはその返済方法に定額リボルビング方式の残高スライド返済を採用しています。
この方式は極力毎月の返済による負担軽減をしながらも、できるだけ完済に向けて返済が続けられる返済方法として、最良の策とも言われています。
一般的に定額リボルビング方式だけの返済方法の場合、毎月の返済額は貸し手の業者側で決められますが、固定額の返済だけに、少額のキャッシングであれば、短い期間で返済し終わりますが、高額のキャッシングの場合、完済まで長期間を有してしまいました。
ただ、この方法は住宅ローンなどその他の一般的なローンでも用いられています。
一方、これに残高スライド返済を付加した場合には、毎月の借入残高の額により、翌月の返済額がスライドするというものです。
ただし額に一定の比率をかけるだけの返済方法では、定率リボルビング方式となってしまいます。
そうなると毎月のように返済額が変化してしまい、借入者の生活のリズムを狂わしかねません。
そこで、残高スライド返済では、段階的に借入残高があるレンジ内であれば、いくらを返済するかあらかじめ決めておきます。
例えば、残高が10万円なら翌月以降は1万円の返済、20万円なら2万円の返済というようにです。
つまりは、例えば20万円をキャッシングしたとして、元金の借入残高が10万円になるまでは毎月2万円を返済し、10万円になったら翌月以上は1万円を返済するといったように、ある期間は固定返済額をなるような工夫がなされることになるのです。