消費者金融のキャッシングと担保について

消費者金融のキャッシングサービスは、担保が要らない借り入れサービスです。土地や建物などを必要とする不動産担保ローンよりも手軽に申し込むことができますし、メリットも多い借り入れ方法です。
例えば担保が必要とする不動産担保ローンの場合、担保を提出している代わりに金利も安く、教育ローンや住宅ローンなどの目的別ローンのように資金用途が限定されることもなく、自由に使える点もメリットです。
ただし、いくら金利が少なくても不動産担保ローンは返済期間も長く、長期間返済し続けることで結果的に金融会社側の利益が高くなる傾向があります。
また、不動産は価格に変動がありますから、状況によっては不動産の価値が下がり追加担保が要求されることもあります。当然返済が滞れば不動産は差し押さえられてしまいますし、精神的にも強いプレッシャーが与えられます。
消費者金融のキャッシングサービスは運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書程度の必要書類が現金をすぐに用立てて貰えますし、借り入れ理由に関しても厳しく調べられることはありません。
結構厳しい消費者金融のキャッシング申込みでも、源泉徴収票などの収入証明書の提出を要求されるぐらいで申込みに煩雑な手続きは必要ありませんから、金融知識がほとんどない方でもスムーズに利用することができます。
もしお金が必要な時は、審査が厳しく手続きもややこしい大口ローンより、消費者金融のキャッシングサービスの方が便利です。