消費者金融への返済が滞り、他社借り入れのためキャッシング

消費者金融でお金を借りていて、たとえば収入が少なくなったり、何か他のことでお金が必要になって、どうしても返済が滞ってしまった場合、一体どうしたらいいでしょうか。
仕方がないから、他の消費者金融でキャッシングをするという人もいるでしょう。それまでの借入が1社または2社程度であれば、それも可能かもしれません。しかし、他社借り入れがあまり多くなってくるのはやはり問題です。1つは、いわゆる多重債務状態となり、借金で借金を返済することになるため、なかなか完済のめどがつかなくなるという点です。それから、消費者金融のキャッシングには、総量規制があります。これは、借りすぎを防ぐために、年収の3分の1を借り入れることができないシステムです。このため、他社借り入れが多いほど、キャッシング額も多くなります。もし総額が年収の3分の1を超えた場合は、新規のキャッシングはできなくなってしまいます。
このようなことがありますので、やはり他からの借入で返済をするのはお勧めできません。どうしても返済が難しい場合は、まず借り入れをしている消費者金融に行って、返済計画の見直しをしてもらうといいでしょう。それでもやはり難しい場合には、債務整理をお勧めします。弁護士や司法書士に相談するのがベストですが、消費者生活センターや法テラスなどでも無料で相談に乗ってくれます。法テラスの場合は、収入が少ない人に限り、一時的に、弁護士や司法書士への着手金や報酬を立て替えてもらうこともできます。